おすすめ映画

【名言豊富】映画アバウトタイムのネタバレやキャスト・主題歌や動画の無料視聴は?

気になる人

ブログ内記事のDr.ヒロ(ドクターヒロ)の実験室おすすめ映画【ニュースキンなどマルチ攻略】を読みました。仕事も人生も好転する映画の第2位でしたね。

  • 一言で言うと、「今を味わう大切さ」を学ぶことができる映画って聞いたけど、個別記事も読んでみたいです
  • あらすじや、キャスト、主題歌、タイトルの意味や、作中の、名言は?
  • 他の観た人のリアルな感想は?
  • 無料で試聴するにはどこがいい?

今日は、上記のお悩みに答えていきます。

こんにちは!あいうえおLIFE(@pledge17uchs)です。

「アバウトタイム」って聞けば、「時間について」という直訳ですが、深い意味や映画の詳細が気になりますよね・・・。

ぼくも最初に映画を観るまでは理解が浅く、「時間」についての内容かなぁと漠然としてたので、映画の序盤は共感力が低く困りました。

結論からいうと、過去に戻り、何度でもやり直せる主人公のティムが出した答えは、「今を丁寧に生きること」でした。

理由は、過去に戻り、失敗をやり直したとしても、完璧な1日を作り上げる事はできないから。

とはいえ、現実の生き方は刹那的になんとなく過ごしてしまうこともありますよね。

そこで今回は、「過去には戻れないからこそ、1日1日を大切に丁寧に感謝して生きることや、今を大切に生きる事は今すぐ誰にでもできる」という内容を学べる「アバウトタイム」のエッセンスを誰でも理解できるように紹介します。

  • アバウトタイムはどんな映画?
  • アバウトタイムの感想(ネタバレ含む)
  • アバウトタイムを動画試聴するにはNetflix?Amazon?
✔️本記事の信頼性
  • ぼくは日頃から、医薬品登録販売者として700軒のクライアントと接しているので、細かい情報のまとめや整理が得意なため、アウトプットに長けています
  • 毎日のYouTube学習は3時間
  • 監督・脚本:リチャード・カーティスは、ヒュー・グラント主演「ラブ・アクチュアリー」をはじめ、「ブリジット・ジョーンズの日記」、「ノッティングヒルの恋人」などの監督を務め、史上最も有名なバンドとされる「ザ・ビートルズ」の名曲を取り上げた「YESTERDAY」も有名
  • 「アバウトタイム」はYahoo!映画で[star-list number=4.0]4.10 点 / 評価:4,736件
  • 韓国ドラマにもリメイクされる大人気の映画(記事内で紹介します)

本記事を読むことで、何気ない1日がかけがえのない1日に生まれ変わることができ、「今を丁寧に、まるで生きなおしたかのように生きる」ことで世界は今よりもっと愛に溢れるので、最後までご覧ください。

\ アバウトタイムはここで /
30日間の無料お試し

アバウトタイムはどんな映画?

上記のツイートの通りで、主人公がタイムトラベルできる能力を使い、恋人や家族との時間を繰り返す中で、何気ない普段の日々こそかけがえのない時間だったと気づく、という物語です。

  1. あらすじやキャスト
  2. 主題歌
  3. タイトルの意味や作中の名言

上記の3つで詳しく解説します。

①あらすじやキャスト

「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」は2013年にイギリスで公開されました。

解説

「残り24時間しか生きられないと告げられたら何をする?」と監督が友人と交わした何気ない会話をきっかけに映画のストーリーが誕生しました。

あらすじ

イギリスに家族5人で住んでいるティムは、20歳を過ぎても恋人が出来ないのが悩みでした。

ある日、21歳の誕生日を迎えたティムに父から、「一家の男は代々タイムトラベル能力がある」ことを知らされます。

ティムは理想の人生を送るため、その能力を恋愛のために使うことを決めました。

ロンドンに移り住んで弁護士として働きだしたティムは、ある夜メアリーと出会います。

タイムトラベル能力を上手く使うことで次第に恋が進んでいく2人。

とはいえ、タイムトラベル能力でも解決しない大きな不幸にぶつかってしまいます。

ポイント
困難を前にしたとき、ティムが決めた人生最大の選択、そして気づいた本当の幸せとは何か?

上記が「見どころ」で、何気ない1日を大切にしたいと思わせてくれる「アバウトタイム」は、家族、友人、恋人など周囲の人との関係の中で、「かけがえのない人たちへの愛と感謝」という普遍的なテーマを題材にしています。

キャスト

①ティム役:ドーナル・グリーソン

一族の遺伝でタイムトラベル能力を持つ素朴な男性役。

「ハリー・ポッター」シリーズ、「スター・ウォーズ」シリーズ、「レヴェナント:蘇えりし者」、「ピーターラビット」等数々のヒット作に出演。

②メアリー役:レイチェル・マクアダムス

ティムが恋に落ちる相手でキュートでチャーミングな女性役。

「シャーロック・ホームズ」シリーズ、「きみに読む物語」、「君への誓い」、「スポットライト 世紀のスクープ」、「サウスポー」などに出演。

③ティムの父親役:ビル・ナイ

タイムトラベル能力を持つ、ティムの父親役。

「ラブ・アクチュアリー」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ、「アンダー・ワールド」シリーズに出演。

④シャーロット役:マーゴット・ロビー

ティムの妹の友人役。

「スーサイド・スクワッド」、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」、「スキャンダル」、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」などに出演。

⑤ハリー役:トム・ホランダー

ティムの父親の友人で、脚本家役。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ、「プライドと偏見」などに出演。

②主題歌

「アバウトタイム」の挿入歌や主題歌は映画を盛り上げてくれる名曲ばかりです。

③タイトルの意味や作中の名言

タイトルの「アバウトタイム」とは、「時間について」という意味であり、「そろそろ~~する頃だね」という慣用表現でもあります。

推測ですが、決断をためらうティムに向けた父の辞世の挨拶という可能性も。

上記の解釈だと「〜愛おしい時間について〜」というサブタイトルは、2つの意味を捉えることができますね。

作中の名言

名言①:「この携帯古くてダサいけど、これで僕の宝物になった」

メアリーと初めて会った夜、彼女に一目惚れをしたティムは、メアリーの連絡先を聞きます。

彼女の電話番号が入った自分の携帯を「宝物になった」というティム。

微笑ましい2人の初対面シーンです。
名言②:「私、先に寝室に行って新しいパジャマに着替えてくるから、あなたが1分後に脱がせてくれる?もし、良かったら…」

メアリーとの初夜に、彼女が言ったなんとも可愛らしくも、ちょっぴり大胆なセリフ。

しかしこの後ティムはメアリーを満足させる最高の夜にするべく、3度も過去に戻って頑張ることに。

最後にはメアリーから「こんなの初めて!」というお褒めの言葉を貰えるのです!

名言③:「私の息子は誠実な心をもった、優しい男です。私は人生で特に誇れることなどあまりありませんが、息子の父であるということをとても誇りに思います。」

結婚式のスピーチを頼んでいた友人のスピーチは下品で最悪でした。

「こんなんじゃダメだ!」と、ティムは式の最中に過去に戻ってスピーチを父にやり直してもらいます。

タイムトラベルまでした甲斐あって、父の愛情が詰まった最高の忘れられないスピーチになりました。

名言④:「突然、もう過去に戻る必要はないと感じた。人生の全てが輝いているから」

ティムとメアリーの間には可愛い子供が2人産まれ、幸せな毎日を過ごす家族。

子供達の世話をしながら、回想シーンで言うセリフです。

過去に戻れるのに戻る必要はないなんて、なんて贅沢!と思いますが、かけがえのない今への感謝と、家族への愛に溢れた素晴らしいセリフですね。

名言⑤:「父さんは幸せになるための秘密を教えてくれた。2つある秘密のうち1つは、普通の生活をしなさいというものだ。他の人たちと同じように。父さんの秘密の2つ目は、普通の日常をほぼ同じ過ごし方でやり直すこと。1回目は気がかりな事があったりして日常の素晴らしさに気付けなくても、2回目なら、気付ける」

ガンで余命僅かと宣告された父から聞いた、タイムトラベルを使って幸せに生きる為の秘密。

上記を聞いたティムはかなり微妙な1日だった今日をやり直してみる事にします。

1回目では煩わしかった事も、自分が少し余裕を持ち、見方を変えるだけでとっても素敵でキラキラしてきます。

1回目の今日はメアリーに「クタクタだ」とだけ言って眠りにつきますが、2回目は「いい日だったんだ」と言って2人は笑顔になるのです。

名言⑥:「僕はもう過去には戻っていない。昨日にさえも。僕は毎日を生きている。まるでその日をやり直した時のように楽しんでいる。とんでもなくありふれた人生の今日が最後の日だと思って」

メアリーと3人目の子供を作る事にしたティム。

上記は、タイムトラベルをして、亡くなった父に会う事が2度と出来ない事を意味します。

子供が産まれる前に、父と一緒にティムの幼い頃へタイムトラベルをします。

2人で何度も遊んだ浜辺で2人は最後の散歩をします。

それがティムの最後のタイムトラベルとなったのです。

何度観ても涙が溢れる名シーンです。

名言⑦:「人は誰もが時間を旅している。人生という時間を。そこでベストを尽くすしかない。その旅が素晴らしいものになるように」

普通の家族のように生と死を受け入れていくことを決めたティムの言葉です。

過去には戻れなくても私たちは皆、時間を旅する「タイムトラベラー」なのです。

たった1度しかない人生をベストを尽くして生きているのか、と問いかけてくれる映画「アバウトタイム」を締めくくる素晴らしいメッセージですね。

[adcode]

アバウトタイムの感想(ネタバレ含む)

「アバウトタイム」はYahoo!映画で[star-list number=4.0]4.10 点 / 評価:4,736件と満足度が高い映画です。

低評価と高評価の両面から解説します。

①低評価

「思いきり泣きたい」と思い、楽しみに映画館へ行ったが、主人公のティムに「この主人公の男はズルい」と感想を抱いたというレビューがありました。
ズルい男
 e10*****さん

評価:[star-list number=1.0] 1.0主人公の男はモテない冴えない草食系?かと思いきや、結構なイケイケで、なんかキャラが分かりにくく、何故メアリーにこだわるのか見えてこないし、そして別にこれといって魅力がない。

そして主人公の恋人になるメアリーも同じく、友人が少ないおとなしい設定?と思いきや出会ったその日に部屋に泊めて、いきなり恋に落ちて、よう分からんが同棲スタート。

なんだか上映時間の関係もあるから仕方ないにしろ、全くこの男の魅力がわからん。

弁護士と自分にラブアピール半端ないところと中盤に出てくる料理を作るシーンくらいか?あとは2人ともセックス大好きというのはよくわかりました(笑)

過去にワープする映画は何度か観ていますが、だいたい「過去を変えることは多大な代償を負い、過去は変えられないけど未来は変えられる!だから今を一生懸命生きて行こう」的な教訓が隠されてます。

私はそんな映画が好きなんですよ。

都合が悪くなると時間を戻し自分の良いようにするので、「過去をやり直したいという胸くそわるい気持ち」を自分と身内のために使うのだから困ったもんだ。

最後に父と散歩のシーンも泣かせの演出に感じるのは私だけ?

個人的に嫌だったのは、過去に戻って自分の子供を見たら娘が息子に?

セックスのタイミングで愛娘がこの世に産まれなくなってしまった!いるのは息子。

あぁ大変だーと結局は元にもどって良かった良かった!という内容。

息子はこの世から消えてしまっても何も無しかよーと切なくなりました。

人生は失敗したり、別れたり、それもあって人生じゃないかなと。

なんかこの映画は私には合わなかったみたい。。

上記のレビューの通り、主人公ティムの性格やタイムトラベルの使い方や動機に共感できなかったという内容です。

②高評価

21歳のときにティムは、暗い小部屋で目を閉じて拳を握ると、過去に戻れる力があることを一族の男性の秘密として、父(=ビル・ナイも、魅力的なイイお父さん)から教わるタイムトラベルを通して、「時」について考えさせられる名作との高評価がありました。

タイムトラベルの力を持った青年が何をしたいかと言えば、まずは彼女をゲットすることでしたね。

恋も人生も今一度「時」について想う良作☆
 yutake☆イヴ さん

評価:[star-list number=5.0] 5.0新しい恋の始まりのときは、今度は「こうしよう!ああしよう!」と軌道修正しながら「何度も何度も」楽しむ(笑)。

上記のコメディ要素で、前半は、楽しませてくれます(「最高だ!」と言う時間を、シーツの上で何度もケイケンするのには失笑^^;)。

そんな、お子さま気分の恋愛タイムトラベラーでは、飽き足らないナ~とオバサンチックに思う頃、段々に、しかも、お説教っぽくなく、人の生きる「タイムについて」、ドラマチックになっていきました。

人生には哀しみもある……orz←目が離せなくなってきました。

今、マズかったな~というシチュエーションも、タンスに隠れて拳を握れば、その時間を「修正」できる。

で、悪い男に泣かされた妹の人生を、やり直させてあげようと、ティムは、時間をさかのぼって、妹がワル彼と出逢わない様に画策します。

そうやって、妹は、幸せな別の出逢いをするのですが…….

「さかのぼり」にも、リスクはあるのです。

ある人が誕生する以前の時間を操作すると、それ以後に生まれた人が別人になってしまうと言う可能性が……(←わかりにくいですが^^;)

調子に乗って、いや、善意で、過去に遡っていたティムは、あるとき今の時間に戻ってみたら、娘ではなく息子のパパになっていたことに、愕然とする……

たとえ息子も可愛くても、今まで育ててきたかわいい娘の存在が、なくなってしまうなんてダメですよね…(消えてしまって別の人が現れるなんて、アイデンティティはどうなっているの……(>_<))

そうやって、人の生死に関わるリスクがあることで、「さかのぼり」を慎重に受けとめるティムはやがて、父の死と直面します。

「今」まで通りなら、時間をさかのぼって、亡くなった父とは逢えます。

しかし、もし子供が生まれたあとに、もっと過去まで、さかのぼってしまうと、「生まれた子どもの存在が、無くなってしまう可能性」が出てしまいます。

私たちの生活は、一方通行なので、迷うことはなく、人の死も生も、受け入れて生きていくだけなので、ティムも父と逢うことは、諦めることにします。

それは、当然のことではあるのですが、だからこそ今一度、「時について」考えるというタイトルのこの作品がさらっと、イイことに気づかせてくれるようなんです。

ダメ出しで、何度も、同じシチュエーションをやり直すとき、それは、より良い時間にしたいからです。

それならば、「いつも、やり直しと同じ気持ちで、行動すればいいんですよ(^_-)-☆」ということなんです。

同じ人と同じやり取りをするとしても、ブサッと、イヤイヤするのではなく、少しでも、自分も相手も良い気持ちになるように行動できたら、ハッピーですよネ☆

「今は今しかない。今日は今日しかない」という当然のことですが、東日本大震災を経験してからの私自身も今日生きていることを大切にしようと、強く、感じています。

このティムが、爽やかすぎず、ダメすぎず、普通にイイ感じで演じているんですよ。

「だから、普通の今日を楽しく生きていこう☆」というのも、気負いすぎずに、すごくイイ感じで観終える作品になっていました☆

恋人&妻メアリー役はレイチェル・マクアダムスで、映画「君がぼくをみつけた日」でも、恋人がタイムトラベラ―でした。

時空を越えても、色あせない美女だと思いますが、劇中、ポイントメイクのために色あせた?などと、謙遜するんですが、いえいえ、どうして……^^;

上記のレビューの通りで、ティムがタイムトラベルできる能力のリスクに気づき、人の誕生の有無や父の死との向き合うことを通して、タイムトラベルを使わず「今」を生きるスタンスを正して「やり直すかのように」新鮮に感謝して生きようというメッセージ性が印象的です。

[adcode]

アバウトタイムを動画試聴するにはNetflix?Amazon?

アバウトタイムはNetflixで視聴できますが、2019年12月3日に無料体験を終了しましたので、1ヶ月の無料体験が利用できず、申し込み月から月額990円がかかります。

とはいえ、「無料お試し期間」を有効活用して「無料」で観たいって思いますよね。

①アバウトタイムをAmazonプライム・ビデオ

「アバウトタイムはAmazonプライム・ビデオで視聴できるのか?」という疑問の答えはYESです。

無料期間があって視聴可能なVODサービスをまとめると、下記です。

ちなみに、「アバウトタイム」は「韓国ドラマ」でもリメイクされています。

リメイクの「韓国ドラマ版」の無料期間があって視聴可能なVODサービスは下記です。

気になる無料体験期間や料金は、下記を読んでくださいね。

>>【VOD】動画配信サービスのおすすめランキングと比較【HuluやU-NEXT】

[adcode]

まとめ | 「アバウトタイム」は安易なタイムトラベル物語じゃない

今回は、「アバウトタイム」は「今を丁寧に生きること」を教えてくれる映画というポイントを紹介しました。

映画のあらすじやキャスト、主題歌、タイトルの意味、感想の内容、無料での視聴は可能か、については本記事で網羅しましたね。

  • 「アバウトタイム」では「今を丁寧に大切に生きる」ことを教えてくれる
  • 「タイムトラベル」という特殊能力のリスクに気づいたことで、1度しかない人生をベストを尽くして生きているのか、と問い正してくれた
  • Amazonプライム・ビデオU-NEXTTSUTAYA DISACSで無料体験の中で視聴するのがおすすめ

「アバウトタイム」を観ることで、何気ない1日がかけがえのない1日に生まれ変わり「今を丁寧に、まるで生きなおしたかのように生きる」ことで、今よりもっと愛に溢れ、今より一層輝く世界を体感できます。

すぐに視聴したい人は「アニメも映画もドラマも見放題で30日間無料お試し」できる「U-NEXT」に申し込みましょう。

それでは、今日はここまで読んでいただき、ありがとうございます。

\ アバウトタイムはここで /
30日間の無料お試し

関連記事【U-NEXTの評判】ポイントの使い方や無料トライアルの活用法【料金高い?】

  • この記事を書いた人

あいうえおLIFE

本業は【医薬品登録販売者】で700軒のクライアントを担当。 複業で【WordPressでBlog】と【動画編集】を磨き中。 毎日のYouTube学習3時間のアウトプットを役立つ記事にします。 視野・視点・視座が鍛えられる体験が好きです。 雑記ブログのあいうえおLIFE【健康のススメ】も運営中。

-おすすめ映画
-,