おすすめ映画 海外映画

【トランプ登場?】ゲット・アウトのネタバレや考察【感想や評価は?】鼻血の意味は?

ゲット・アウト

こんにちは、あいうえおLIFE(@pledge17uchs)です。

あいうえおLIFE
悩む人

タイトルの「ゲット・アウト」は「出ていけ!」というよりは、「逃げろ!」という訳がピッタリな映画ですね。

ゲット・アウトを無料で視聴するには

無料お試し期間のあるVODサービスで視聴するのが、オススメ。

今回は、「ゲット・アウト」の伏線や、気になるネタバレやポイントをまとめていきます。

どうぞ最後まで、お読みくださいね。

ゲット・アウトの映画監督は?

映画監督

製作のジェイソン・ブラムと、監督・脚本のジョーダン・ピールがタッグを組んで、ホラー映画を撮りました。

ジョーダン・ピールは、今作が監督デビューのコメディアンで、元々、人種差別を扱うギャグが得意。

ジェイソン・ブラム監督は「ポスト・ロジャー・コーマン」の異名を持ちます。

下記は、ジェイソン・ブラム監督のインタビュー映像のメモ。

ジョーダン・ピール監督がホラーを撮ることについて

映画で扱う笑いとホラーはタイミングが重要だ。

監督(ジョーダン・ピール)はコメディ出身だが、ホラーを愛している。

ホラーとコメディには通じるものがある。

だから双方を扱うという監督に安心して賭けようと思えた。

クリスとローズの関係について

20代半ばの黒人男性と白人女性のカップル。

付き合い始めて3〜4ヶ月だ。

2人でローズの実家へ向かう車中、クリスが聞く。

「君の両親には、僕が黒人であるともう話してるのか?」とね。

彼女は「そんなわけない!」と憤慨する。

異人種間の恋愛について

彼は、楽観してるが、彼女はピリピリしている。

停車を求めた警官は、彼だけ尋問するしね。

でも彼女と違い、彼は怒らない。

本作で人種差別を取り上げたことについて

ポイント

人種差別的な言動は、誰もが無意識にやりがちだ。

この映画はそこを浮き彫りにした。

ぼくがこの作品を気に入ったのは、その点だ。

人種とその差別をテーマの1つにした点がね。

本作が人種差別の議論を促す点について

監督が言うように、黒人の誰もが経験するのは、日々何らかの形で受ける人種差別だ。

監督はクリス同様、差別に神経質じゃない。

黒人として慣れているのかもしれないが、そうした差別に光を当てた点は素晴らしい。

圧倒的コスパの月額550円税込 /

dTVを無料体験する

※30日無料お試し

ゲット・アウトの解説

ゲット・アウトはホラー

低予算ながら全米で大ヒットを記録。

第90回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞しました。

あらすじ

アフリカ系アメリカ人である黒人のクリスは、白人の恋人ローズの実家に行くことに。

クリスの友人は「白人女の実家に行くなよ」と忠告をする一方で、ローズは「父はオバマに3期目があったら、彼に投票するような人よ」とクリスを安心させます。

冒頭、不穏な空気を醸し出す中、2人は道中で「鹿」を轢き殺してしまう。

英語で「雄鹿」を指す「buck」の意味

黒人男性への差別用語なので、クリスにとっては幸先の悪い恋人の実家訪問。

家に着き彼女の両親と対面すると、彼らはローズの言う通り、黒人に対して偏見の無いご両親だった。

しかし、ローズの両親は2人の黒人を使用人として雇っています。

2人の使用人の様子がおかしい

ポイント

黒人の若者を発見したクリスは思わず彼にカメラを向ける。

しかし、フラッシュがたかれたのと同時に若者は鼻から血を流し、態度を急変させて「出て行け!」とクリスに襲いかかってきます。

「何かがおかしい。。。」や「人種差別」を感じさせるシーンの数々。

ゲット・アウトの登場人物

登場人物

登場人物を紹介します。

クリス・ワシントン(ダニエル・カルーヤ)

ローズ・アーミテージ(アリソン・ウィリアムズ)

ディーン・アーミテージ(ブラッドリー・ウィットフォード)

ミッシー・アーミテージ(キャサリン・キーナー)

ウォルター(マーカス・ヘンダーソン)

ジョージナ(ベッティ・ガブリエル)

ローガン(レイキース・スタンフィールド)

30日間無料 /

Amazonプライムビデオを無料体験する

※月額500円の高コスパ

ゲット・アウトの評価や感想は?

評価や感想

ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任(2017年1月20日)。

まさにフィクションが現実になった日から1ヶ月後に公開された「ゲット・アウト」です。

黒人差別をベースにしながら2重のツイストを見せるというのが今作のポイント。

優れている点

差別されている側にとっては、人種間における肉体的・精神的差異が「恐怖」に至る、ということを改めて気付かせてくれるということ。

上記の差異は、意味がプラスでもマイナスでも同じように差別に繋がる。

アメリカにおける人種差別は、決してアフリカ系アメリカ人だけへの差別を取り扱っている訳ではないのです。

異人種間における偏見

劇中でも言及される「アジア人」や「日本人」と、伝統的国技・空手との関係も同様。

実はかなり根深いものであることを予感させます。

終盤、観客の「逃げろ(ゲット・アウト)」と登場人物の「出てけ(ゲット・アウト)」が重なることで、「ゲット・アウト」のタイトルに隠された意味が明らかに。

トランプ大統領のアメリカから「ゲット・アウト」できない「現実」の方が、フィクションより怖いホラーなのかもという声も。

30日間無料 /

U-NEXTを無料体験する

※最新作も見放題も多数配信

ゲット・アウトに出てくる鼻血の意味

鼻血の意味

改めて書きますが、主人公クリスの職業はフォトグラファー。

鼻血は「正気に戻ったサイン」ですが、きっかけとなるカメラの「フラッシュ」が重要なアイテムとして機能します。

鼻血に至るストーリー

  1. 黒人の青年のローガンを見つけ、思わず携帯で彼の写真を撮ったクリス
  2. すると、ローガンは鼻血を流し始め、クリスに向かって「出ていけ!」と襲いかかってきた

ネタバレ注意

あいうえおLIFE

何かがおかしいと感じたクリスはローズに「もう帰ろう」と。

庭では不可解なオークションが行われており、盲目の画商ジムが落札しました。

ポイント

クリスがローガンの写真(鼻血を出した人)を友人のロッドに送ると、ロッドは、「ローガンは行方不明のアンドレという男ではないか」と疑う。

荷造りをつづけるクリス

ローズの部屋でローガンを含む複数の黒人男性とジョージーナらと映った写真を発見。

ローズの行動に疑いを持ったクリスは急いで家を出ようとします。

とはいえ、ローズはクリスに車の鍵を渡さず、ローズの弟ジェイミーに襲いかかられ、母ミッシーに催眠術で眠らされてしまいます。

クリスが目を覚ました時の衝撃

椅子に縛り付けられていることに気が付く(パッケージ写真)。

クリスは、アーミテージ一家が祖父の代から「黒人の肉体に白人の脳を移植して永遠の精神・生命を手に入れるという手術」を続けてきたことを知ります。

ローズは黒人を恋人として騙し、移植する材料にしようとしていた。

ジムは視力を取り戻すため、クリスの肉体を落札したのでした。

クリスの催眠術対策

催眠術の合図となるカップをかき混ぜるスプーンの音を聞かないため、クリスは耳に椅子の肘掛けから取った綿を詰めました。

解放に来たジェレミー、ミッシー、ローズの父ディーンをクリスは倒して、自力で脱出を試みます。

あいうえおLIFE

車で逃げようとするクリスに、ローズの祖母の脳を移植されたジョージナと、祖父の脳を移植されたウォルターが襲いかかります。

車内でクリスともみ合いになったジョージナは、木にぶつかって死亡

ローズとウォルターが追いつきますが、クリスのカメラのフラッシュによって我に返ったウォルター。

クリスではなくローズにライフルを撃ちます。

ウォルターはローズの祖父だった

ローズの祖父の意識が復活すると、孫娘を撃った罪悪感から自分の頭を打ち抜いてしまう。

生きていたローズは、ライフルでクリスを撃とうとしますが、抵抗してローズの首を絞めます。

ローズを殺すことはできず、クリスは手を緩めると、現場へパトカーに乗ったロッドが現れます。

アーミテージ家を脱出

クリスは無実の罪で裁かれることもありませんでした。

安堵する結末。

あいうえおLIFE

伏線回収や、どんでん返しにハラハラでしたね。

フラッシュは何だった?

白人の脳に替えられた黒人たちが、フラッシュで一瞬だけ正気に戻る様子が描かれています。

ポイント

ポイントなのは、「スマートフォンのカメラ機能のフラッシュである」ということ。

2014年、NYで黒人男性が彼を逮捕しようとした白人警官に押さえつけられて窒息死するという事件が発生しました。

一部始終が通行人によってスマートフォンで撮影され、裁判の証拠に

以降アメリカでは、類似の事件の抑止力として注目されるように。

鼻血の描写は、現代の差別に対する抗議活動のメタファーになっているとも考えられます。

ゲット・アウトにトランプ大統領は出てくるの?

トランプ大統領

トランプ大統領は出てきません

監督曰く、「オバマ大統領の時代に人種差別が終わった」と言うも、日常生活ではまだ残っていました。

トランプ大統領が当選したことで、差別は隠れていたと確信し、監督は下記を決意。

トランプが大統領になったことでラストシーンを変えた。

あいうえおLIFE

差別主義者強めの大統領だからでしょうか。

映画の中でも黒人が差別されるだけでは救いがなく、「映画だけでも救いを与えたかった」と、製作の裏側を明かしていました。

ラストシーンとは?

最後は猟銃を手に追ってきたローズを倒したところで、親友のロッドが迎えに来てくれたところで、映画は幕を閉じました。

よく見ると、ローズはラストシーンだけ髪型が違うんですよね。

クリスの恋人モードだった時は、髪を下ろして女性らしさを全面に出していましたが、ラストシーンでは猟銃を手にオールバックで完全に戦闘モード。

狂気が宿った目つきが怖い。

ローズをしめ殺して、アーミテージ家全員を倒した直後に、クリスの前に現れた警察車両を見て下記発言。

ポイント

ここで逮捕されてしまうのか、きついな。。。

と思ったら、車からは親友のロッドが降りてきました。

ラストシーンも、最後までハラハラさせてくれる演出。

もう1つのエンディングとは?

発売されているDVD・ブルーレイには収録されていますが、本作には採用しなかったアナザー・エンディングがあります。

あいうえおLIFE

別エンディング クリスが最後にローズをアーミテージ家の屋敷近くの路上で殺して、車で立ち去ろうとした時、親友のロッドではなく、警察が現れてクリスを逮捕してしまうというストーリー。

クリスは収監され、半年後にロッドと面会をするシーンで静かに終わっていくバッドエンドとなります。

なぜバッドエンドの案?

ジョーダン・ピール監督によると、敢えて精神的に辛いバッドエンドにした意味は下記。

バッドエンドの意味

未だに黒人差別は存在しているのだ、ということを強烈に観客へと印象づけたかった。

とはいえ、上記エンディングだと救いがないので、採用を見送ったとのこと。

まとめ | エンディングが予測不可能

ゲット・アウト

今回は、「無料で動画視聴するには?・ゲット・アウトの映画監督は?解説やあらすじ・登場人物や評価・感想は?鼻血やフラッシュの意味は?トランプ大統領は出てくるの?」というお悩みについてお応えしました。

ただ怖いホラーではなく、「人種差別」をテーマにどんでん返しが気持ちいい映画でしたね。

ゲット・アウトを無料で視聴

上記は、無料お試し期間があるので、期間内は「解約はお金がかかりません」ので、ゲット・アウト視聴しにいきましょう。

ゲットアウトを観たあとは、「アス」もオススメ。

あいうえおLIFE

「アス」も同じ監督作品です。

それでは、今日はここまで読んでいただき、ありがとうございます。

人気記事【VOD】動画配信サービスのおすすめランキングと比較【HuluやU-NEXT】

関連記事【どんでん返し映画】マコなり社長5選を無料で視聴【Amazonプライム】

  • この記事を書いた人

あいうえおLIFE

本業は【医薬品登録販売者】で700軒のクライアントを担当。 複業で【WordPressでBlog】と【動画編集】を磨き中。 毎日のYouTube学習3時間のアウトプットを役立つ記事にします。 視野・視点・視座が鍛えられる体験が好きです。 雑記ブログのあいうえおLIFE【健康のススメ】も運営中。

-おすすめ映画, 海外映画
-, ,